ピックアップ

サクッと行けて、メチャ楽しめる!
秋の近隣おすすめスポット&グルメ8選

暑さが落ち着き、いよいよ秋の行楽シーズン到来! どこかに出かけるにも、体を動かすにも、おいしいものを食べるにも、とにかく秋はお楽しみがいっぱい。選択肢が多すぎて、むしろ悩んでしまう人もいるのでは。そこで今回はサクッと行けて、メチャ楽しめる、コスパ最高のスポット&グルメを紹介!

岐阜

乗馬クラブクレイン恵那

ビジター大歓迎、
日本一の農村風景を眺めながら馬に乗ろう!

映画の主人公みたいに馬に乗って広大な草原を駆けてみた~い! そんな望みを叶えるには、まずは乗馬クラブで練習。ハードルの高さを感じてしまうかもしれないが、「乗馬クラブ クレイン恵那」なら心配無用だ。ビジターを対象にしたお試し体験コースが充実している。例えば親子など2人でお得に体験できるペア乗馬(1人2,200円)など。

しかも景色がいい。なにしろここは「農村景観日本一の地」として知られる岩村町。練習しながらワクワクすること間違いなし。今なら装具レンタル料・保険料の都合1,860円で利用できる20分コースを実施中。日本一の農村風景を眺めながら、屋外騎乗(外乗)を目指そう!

三重

真宗高田派本山 専修寺

重要文化財の「寺カフェ」で
国宝を眺めながら気軽にティータイム!

三重県で一番有名なパワースポットといえば伊勢神宮だろう。しかし近年、知名度をぐいぐい高め、「寺カフェ」としても話題を呼んでいる「専修寺(せんじゅじ)」もはずせない。全国600以上ある真宗高田派の総本山。2017年に中核の御影堂(みえいどう)と如来堂(にょらいどう)が建造物として三重県初の国宝に指定されたことをきっかけに、一般にも広く知られる存在になった。

堂内に足を一歩踏み入れると、きらびやかな装飾に目を奪われる。おごそかな雰囲気が漂う一方で、国の重要文化財でもある茶所をカフェとして展開。抹茶や甘味をいただきながら、国宝や重要文化財を鑑賞できるのだから、なんとも贅沢! 仏教徒ならずとも気軽に専修寺へGO!

北陸・長野

七尾市

鮮度が段違い!
能登発、朝獲れ鮮魚をその日のうちの発送

魚が大好き! という人にとって絶対にハズせないのが七尾(ななお)市。石川県・能登半島、多種多彩な魚介に恵まれた湾に面しているとあって昔から定置網漁がとても盛ん。その規模は日本最大級だ。人気の返礼品「能登発 おさしみ直送便」(3~4人前)は、水揚げされたばかりの魚介をすぐに刺身にして、その日のうちに冷蔵発送する。鮮度、ボリュームともに抜群。リピーターが多いというが、それも納得だ。

旬の魚介類を詰め合わせた「いきいき七尾魚」(2~3人前)も水揚げしたその日に発送する新鮮さが魅力。うろこや内臓の除去は済ませた状態で届けてくれる上に、魚の種類ごとにおすすめの食べ方を記載したものが同封してあるので、「魚料理は苦手」という人も大丈夫!
浜風を受けて育ったミネラルたっぷりのコシヒカリもおすすめだ。

ふるさと納税冬の陣
イチオシの特産品はこれ!

応援したい自治体や生産者に簡単に寄付できる仕組み、ふるさと納税。その魅力といえば、お礼として送られてくるその地域の特産品(返礼品)を受け取れること。返礼品のバリエーションは豊富で、それゆえ「どれにしよう?」と迷ってしまう人は少なくない。そこで今回はおでかけクリップがおすすめする自治体とその返礼品を紹介!

三重

岩戸屋

伊勢のお土産といえばこれ 岩戸屋の「岩戸餅」

日本神話の「岩戸神楽」のおめでたい古事にちなんで作られた「岩戸餅」は、伊勢名物として大人気。最高級北海道小豆のこし餡と、厳選された餅米ときな粉を使った柔らかい餅を使い、あっさりとした味わいが魅力だ。また、2021年の新商品「大御神餅(おおみかみもち)」は、やさしい風味の白きな粉とコクのある黒糖の味わいを楽しむことができる。他にもここでしか買えないオリジナルのお菓子を多数販売しているので、伊勢を訪れた際はぜひ立ち寄って、旅の思い出を持ち帰ってほしい。

北陸・長野

マルス信州蒸溜所

創設から35年ぶりのリニューアル!見学からショッピングまで楽しめる

ウイスキーの芳醇な香りにつつまれる中、原料の粉砕から仕込み、発酵、蒸留、貯蔵熟成といった各製造工程を間近で見学できる。見学後はビジター棟にあるBARで、香り高い貴重なウイスキーや宮田村で収穫されたヤマソービニオン葡萄100%の「みやだワイン紫輝」といったワインを心ゆくまで味わうこともできる。

岐阜

関市

料理が今以上に楽しくなる!
日本一の刃物のまちが贈る逸品

世界各地で製造されている包丁などの刃物。なかでも「折れず、曲がらず、よく切れる」と称賛されるメーカーの集積地として知られるのが岐阜県関市だ。イギリス・シェフィールド、ドイツ・ゾーリンゲンと並ぶ世界三大刃物産地で、戦国時代には武将の刀を作った名工、関の孫六を輩出。卓越した伝統技術は今も進化しながら受け継がれてる。

そんな「関の刃物」で最近人気を集めているのが、刃体からハンドルまで継ぎ目がなく衛生的に使えるオールステンレス製包丁。なかでも「関孫六 匠創」シリーズはグリップ感の高い上に、食洗機にも対応する。ほかにも鋳物ホーロー鍋で知られるSTAUB(ストウブ)をラインナップするなど、一流の調理品がずらり! ぜひ愛用の逸品を。料理が今以上に楽しくなること間違いなし!!

岐阜

養老町

「おいしさ日本一」と称賛された飛騨牛をすき焼きで堪能しよう!

口の中でとろけだすような食感、溢れる肉汁、きわ立つ旨味。そんな味わい深い飛騨牛を含め、精肉を値打ちに提供している店の集積地として知られるのが岐阜県養老町だ。魅力的なコスパ感は、ふるさと納税の返礼品も同様で、飛騨牛ですら身近に感じさせるほど。

なかでもきめ細やかな霜降りが食欲をそそるロースは、すき焼きにぴったり。「甘みが上品!」「サシたっぷりなのに、しつこくない!」と、盛り上がること必至。鍋に旨味が溶けだしているので、野菜や締めまで美味しい。和牛日本一を決める全国和牛能力共進会で「おいしさ日本一」と称賛された飛騨牛の味わいをぜひご家庭で!

岐阜

美濃和紙の里会館

「紙すき」体験で自分だけの オリジナル和紙を作ろう!

1300年の伝統を誇る美濃和紙の魅力を見て、触れて、体験できる施設。用具や原料にもこだわった紙すき体験では、伝統の「流しすき」技法で、もみじや色紙を挟みこんだオリジナル和紙を作ることができる。また、作った和紙は照明スタンドなどにアレンジできるので、ぜひチャレンジしてほしい。

ページの一番上へ

×