愛知・浜松

うなぎ大嶋

ブランドうなぎの最高峰を
浜松の名店で堪能しよう

串打ち3年、焼き一生。そういわれるほどうなぎの調理は奥深い。「皮はパリッ、身はふっくら」という仕上げは熟練の職人がなせる技。そんなうなぎの名店として食通もうならせているのが静岡県浜松市に店を構える「うなぎ大嶋」だ。

浜松といえば、うなぎの一大産地だが、同店が扱うのは養殖期間が通常の約2倍、2年かけて丁寧に育てられる「共水(きょうすい)うなぎ」。生産が限られ、全国でも30軒程度しか取り扱ってないため「幻のうなぎ」ともいわれる。しかも同店は一度蒸してから焼き上げる、いわゆる江戶前焼きなので、香ばしさが一段と際立っている。創業当時から継ぎ足しているタレと相まった、その深~い味わいが感動を呼ぶ。

ページの一番上へ

×