三重

真宗高田派本山 専修寺

重要文化財の「寺カフェ」で
国宝を眺めながら気軽にティータイム!

三重県で一番有名なパワースポットといえば伊勢神宮だろう。しかし近年、知名度をぐいぐい高め、「寺カフェ」としても話題を呼んでいる「専修寺(せんじゅじ)」もはずせない。全国600以上ある真宗高田派の総本山。2017年に中核の御影堂(みえいどう)と如来堂(にょらいどう)が建造物として三重県初の国宝に指定されたことをきっかけに、一般にも広く知られる存在になった。

堂内に足を一歩踏み入れると、きらびやかな装飾に目を奪われる。おごそかな雰囲気が漂う一方で、国の重要文化財でもある茶所をカフェとして展開。抹茶や甘味をいただきながら、国宝や重要文化財を鑑賞できるのだから、なんとも贅沢! 仏教徒ならずとも気軽に専修寺へGO!

ページの一番上へ

×